風俗作家 吉岡優一郎のホームページです。
現在工事中!!

ご挨拶

吉岡優一郎のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。主に風俗の世界を軸に執筆しており、ノンフィクション作家として5冊の執筆実績があるほか、雑誌やWEB媒体にて連載記事を執筆しております。またネットラジオ番組のパーソナリティやコンテンツの制作・運営、WEBコーディネーターとしての実績もあります。このホームページでは吉岡優一郎がこれまでに執筆・制作してきた著書やコンテンツのほか、執筆記事の媒体をご紹介いたします。著書や記事、ラジオ番組を通して『吉岡優一郎とは、いかなる人物なのだろう!?』と興味を持っていただいた皆さんにボクを知って頂くため、このポームページを制作しました。

新刊 吉原で生きる

日本の風俗街の代名詞的な存在である、東京・吉原。江戸時代か ら続くこの色街は、とにかく不思議な場所だ。付近に鉄道駅がな い、陸の孤島。周囲は360度住宅街に囲まれており、そこに色街が あるとは思えないほど。しかし、吉原に足を一歩踏み入れると異 世界が広がっている。きらびやかなネオン、妖艶な嬢。この街の 持つ特別な雰囲気に男は300年以上も惹きつけられてきたのだ。  しかし、そんな吉原もいま変化の時を迎えている。長引く不況、 若者の風俗離れ、行政の対応、様々な要因が積み重なり、吉原は危 機を迎えている。吉原ではいま何が起きているのか。『風俗嬢の ホンネ』の吉岡優一郎が吉原に潜入。No1ソープ嬢、高級店店長、 従業員、風俗カメラマン、情報喫茶のママなど〝吉原で生きる〟 人々に取材を重ね、吉原のいまに鋭く迫る!

吉岡優一郎著作集

作家活動

ボク(吉岡優一郎)は20年に渡る広告代理店業の運営経験から、多くの風俗店・風俗嬢と接する機会がありました。その経験から2009年より6冊の書籍を上梓し、それ以来作家活動を行っております。またミリオン出版・俺の旅など、いくつもの媒体に連載記事を執筆しています。

ラジオパーソナリティ

2002年10月・フーゾクリンクラジオスタート以来、ラジオ番組のパーソナリティとして活動しています。2004年からは社会科学番組・ソサエティサイエンスジャーナルも開始。同時にインターネットラジオ局『レディオ与一』を設立し局長に就任。現在はアダルト局『淫らなラジオ 淫らじ』も設立し局長に就任し、インターネットラジオ文化の普及活動も行っています。